スターたちがみんな好きなロレックスです

数年後、またここに来たら、私たちはずっとここにいることに気づくでしょう。


「インナーダウンの名品」ブランドといえばココ!

ダントンは「フレンチテイスト×本格仕様」が魅力の、フランスの老舗ワークウェアブランド。インナーダウンはブランドの代名詞的なるアイテムで、様々なファッション雑誌での紹介、そしてセレクトショップ別注も多い名品です。

クルーネック インナーダウンジャケット

毎年完売する「インナーダウンの名品」として有名な鉄板モデル。微光沢のナイロン生地は上品かつ高級感があり、ステッチの幅は細すぎず太すぎず絶妙で、カジュアルにもキレイめにも振れます。
ボタンとファスナーは同色でクセがなく扱いやすい仕様に。裾はドローコードで調整できるのも◎。

インナーダウン コート

Aラインのシルエット×ゆるやかなVネックで“1枚でも女らしくてオシャレに見える”所が人気のヒミツ。30代~40代の大人世代(ママ・OLを問わず)からも支持される逸品です。
生地はクルーネック版と同じで品も良し

インナー ダウンベスト

フーディ(パーカー)やボーダーと合わせやすく、カジュアルな着こなしが多い人にはベスト版がおすすめ。もちろんコートやジャケットを羽織れば「インナーダウン」にも早がわり

【関連記事】:https://ryuooso.cup.com/BBS/cgi/diary.cgi


人気急上昇! 大人デイリーウォッチ代表
2015年にブランドを創立。ロンドンの地下鉄の駅名を冠した小粋なデイリーウォッチが魅力の『ヘンリーロンドン』。
アンティークウォッチに着想を得て設計されたデザインが人気の、デイリー使いにピッタリの腕時計が揃います。

ウェストミンスター

クラシカルな手元を演出してくれる人気モデル、ウェストミンスター。
トラッドな正統派チェックのツイードベルトと、使い勝手のよいカーフレザーベルトがセットになった、カジュアルに合わせたい1本2役ウォッチです。
〈コーデ〉カジュアルによく似合う大きめフェイス×レッド系チェック! 赤を効かせたチェック地ツイードを使用。大きめフェイスがマニッシュなムードを醸します。ニット×デニムなどの、王道ベーシックなコーディネートに合わせたい!
ブランド777

ヘリテージスクエア

手元にエレガントな印象を添える、スクエアフェイスのヘリテージスクエア。
今回では、ベリーカラーのツイードベルトで登場です。温かみのあるハリスツイードとエレガントなメッシュ、その日の気分でベルトを付け替えて!
〈コーデ〉今日はツイード? それともメッシュ? 気分でベルトをチェンジ! レディに使えるスクエアフェイスの腕時計は、品よくいきたいオンスタイルにも大活躍。深い発色のベリーピンクのツイードが、周囲の目を引くアクセントに。

ストラトフォード

ヘンリーロンドンのコレクションのシリーズ名には、それぞれロンドンの地下鉄の駅名が付いています。一番人気の「ストラトフォード」。こちらは珍しいグリーンで、ハイセンスな手元を演出してくれます。

ホルボーン&フィンチリー

ロマンティックなムーンフェイズが月の満ち欠けをお知らせ…。
シックな雰囲気のボルドーカラー「ホルボーン」と、マニッシュコーデによく似合うチャコールグレー「フィンチリー」。クラシカルな顔つきの文字盤には、月の活ち欠けを示す「ムーンフェイズ」を搭載。
ロマンティックなムードを放ちます。39mmと34mmの2サイズ展開、ユニセックスモデルなので彼・旦那さんとペアで使うのもオススメです。

【関連記事】:

http://sacredframe.coresv.com/img/diary.cgi


手頃でおしゃれで意外と機能性も高い、そんな「ニクソン」はカジュアルウォッチの定番中の定番。
カラーバリエーションが豊富なのも特徴の1つ。自分好みの色が見つかりますし、赤・青とかならコーデの差し色効果も抜群です!
ニクソンで人気の腕時計

ベーシックカジュアルな見た目とカラフルカラーで大人気の定番ウォッチ☆
スニーカーを履いたスポーティカジュアルにもキレイめにも合わせやすいですし、友達とお揃いも気軽にできちゃう♪ お手頃だから学生の強い味方です。
ブランド パロディ

こちらは上にある人気ウォッチのデジタルモデル。
どちらかといえばこちらの方が”カジュアルな印象”が強いですね。10気圧防水だから雨や水に強く、日常使い~汗をかくジョギングとも相性良しです。

カラバリも豊富♪ ガーリーにもボーイッシュなスタイルにも合わせやすいカジュアルウォッチ。
薄くて軽くて着け心地もライト。実はサーフ用として作られたから海・プール~アクティブスポーツにも使えて万能!

【関連記事】:http://kumanoit.com/facebook/diary.cgi

このページのトップヘ